« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

富良野のような

富良野のような


from 鋤柄俊夫

|

2011年4月28日 (木)

雨にぬれながらたたずむ人

雨にぬれながらたたずむ人


from 鋤柄俊夫

|

2011年4月26日 (火)

ややのどかなりたなべざか

ややのどかなりたなべざか


from 鋤柄俊夫

|

2011年4月24日 (日)

名古屋城

名古屋城


from 鋤柄俊夫

|

宇多へ向かう路

宇多へ向かう路


from 鋤柄俊夫

|

2011年4月21日 (木)

今出会議

今出会議


from 鋤柄俊夫

|

2011年4月20日 (水)

花冷え京都

花冷え京都


from 鋤柄俊夫

|

2011年4月19日 (火)

チャペルとさくらと杭打ち機

チャペルとさくらと杭打ち機


from 鋤柄俊夫

|

2011年4月18日 (月)

春の雨

春の雨


from 鋤柄俊夫

|

2011年4月16日 (土)

終いの紅桜

終いの紅桜

卒業生が就職1年目の報告に来た楽しき夜に

from 鋤柄俊夫

|

2011年4月15日 (金)

なごりさくら

なごりさくら


from 鋤柄俊夫

|

うきはについての覚え書き(その1)

久留米から1両だけれどスマートな久大線の真っ赤な列車に乗って筑後川を遡ること30分
南の山並みが高度を下げ、柔らかな高原の風景に変わったら、そこがうきはである。
北には筑後川が形成した肥沃な平野が広がり
ひとつのまとまった空間がここにあることを示す
ここから東へ進めば、まもなく大分との県境になって険しい山岳地帯
大分へ向かう人は、ここで荷を整え山へ向かい
大分から来た人は、前面に広がる筑後平野を見て、ほっと荷をほどく
うきはは、この立地から古来宿場町として栄え、現在、白壁通りに代表される街並みが、その面影を伝えている
古墳時代もやはり魅力的な場所だったことを多くの遺跡が示している
最も有名な遺跡が船や武器や幾何学文様を描いた装飾古墳である
古墳の場所は大きく3つある
一つめは筑後吉井の駅から北東へ少し行った若宮神社の周辺
二つめは筑後吉井の駅から南へ行った先の山裾
三つめは、筑後川の上流にあたるうきは駅から南東方向へ行った先の山裾
これらの古墳を時代と形で見れば
若宮神社の古墳は月岡古墳と塚堂古墳が中期、日岡古墳が後期の前方後円墳で
三角縁ニ神ニ獣鏡や甲冑や埴輪を持ち、畿内の中期古墳と遜色無い
なお、筑後川の旧河道と思われる地割りが若宮神社のすぐ北に見える
山裾の古墳は、吉井側が珍敷塚古墳や原古墳や鳥船塚古墳および古畑円墳で、うきは側が楠名円墳、重定古墳、法正寺古墳、屋次郎丸古墳、塚花塚古墳で、円墳もあるが前方後円墳が目立つ
言い方を変えれば、後期の古墳は上流側が前方後円墳で下流側が円墳ということになる
この様子をみると
うきはの地に最初に入ってきた中期の勢力は、筑後川に近い低地に拠点を置き河川交通を軸にした開発を始める
その後、筑後川の氾濫によって居住地を移動して南側へ農地開発をひろげていき
農地に必要な川の上流部に上位の人々が、下流部に下位の人々が住んだようにも見え、吉井側の古墳の近くには、東屋形古墳群と呼ばれる群集墳もあり、それを示唆する
そのふたつの山裾の古墳をつなぐ道は
まるで奈良県の山辺の道や大阪府の東高野街道のように見え
月岡古墳や塚堂古墳は八尾市の心合寺山古墳にも見える
その場合は東屋形古墳群は八尾市の高安千塚にあたろうか
八尾市の場合、東高野街道の西にはかつて大和川の支流が北上して
現在恩智川がその面影を残しているため
川-平地の古墳-道-山麓の古墳群の配置もきわめて似ている
後期古墳の場合、その造営者集団が、その後の仏教が入ってきた後の時代も
その土地の盟主となる場合があり
その場合はその氏族のための寺を造営することがある
京都盆地で言えば嵯峨野の秦氏と北野廃寺や樫原廃寺がその代表となる
その点で、これだけの古墳を造営した集団が7世紀になってなにを残したかが気になる
いずれにしても
筑後平野の最上流で、筑後川の水源をおさえ、同時に豊後と筑後の交通の要衝の地でもあったうきはにみごとな装飾古墳が集中するのは、きわめて自然なことと思った
多くの人に支えられ、頑張れM・I

| | コメント (0)

2011年4月14日 (木)

1両でもスマート

一両でもスマート

from 鋤柄俊夫

|

池辺寺あたり

池辺寺あたり


from 鋤柄俊夫

|

元気のみなもと

元気のみなもと


from 鋤柄俊夫

|

薩摩直結

薩摩直結


from 鋤柄俊夫

|

2011年4月13日 (水)

不知火

不知火


from 鋤柄俊夫

|

次は熊本

次は熊本


from 鋤柄俊夫

|

癒やし

癒やし


from 鋤柄俊夫

|

コラボ

コラボ


from 鋤柄俊夫

|

みずほ

みずほ


from 鋤柄俊夫

|

大阪駅が大変身で

大阪駅が大変身で


from 鋤柄俊夫

|

2011年4月12日 (火)

夢告館さくら

夢告館さくら


from 鋤柄俊夫

|

2011年4月10日 (日)

なんとか原稿書けました

1302445331706.jpg

| | コメント (0)

思い出

Shashuntate

|

2011年4月 9日 (土)

負けないさくら

負けないさくら


from 鋤柄俊夫

|

2011年4月 8日 (金)

紫苑館

紫苑館


from 鋤柄俊夫

|

2011年4月 6日 (水)

さくら

さくら


from 鋤柄俊夫

|

2011年4月 5日 (火)

風物詩

風物詩


from 鋤柄俊夫

|

やっとさくら

やっとさくら


from 鋤柄俊夫

|

2011年4月 1日 (金)

入学おめでとう

入学おめでとう


from 鋤柄俊夫

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »