« 御霊神社の稚児行列 | トップページ | 大原野神社 »

2011年5月24日 (火)

第9回考古学と中世史シンポジウム開催のご案内

前略
お世話になります
中世前期の日本列島を描いた資料として有名な『一遍聖絵』にみちびかれて
中世社会のはじまりの実態を考えます
多くのご参加をお待ちいたします
敬具

第9回考古学と中世史シンポジウム
「聖絵を歩く 景観を読む」の開催のご案内

日   程   2011年7月2日(土)・3日(日)      
会   場   帝京大学山梨文化財研究所 (山梨県笛吹市石和町四日市場1566 TEL 055-263-6441)      
主   催     考古学と中世史研究会・平成20~23年度科学研究費補助金『一遍聖絵』にみる      
  中世都市成立期社会の遺跡情報学的研究(鋤柄俊夫・高橋慎一朗)      
共   催   帝京大学山梨文化財研究所      
資 料 代   4,000円(第9回シンポジウム資料集・第8回シンポジウム報告集代)      
         
7月2日(土)         
12:00 受付開始      
13:00~ あいさつ・日程説明    萩原 三雄 (帝京大学山梨文化財研究所)   
13:10~13:30 主旨説明 「一遍にとっての京都」    鋤柄 俊夫 (同志社大学)   
13:30~14:10 「一遍聖絵を読み解く」    遠山 元浩 (遊行寺宝物館)   
14:10~14:50 「『一遍聖絵』と中世社会」    五味 文彦 (放送大学)   
  Ⅰ 歴史の中のモニュメントを描く      
15:00~15:40 「大宰府 守護少弐の館」    山村 信榮 (太宰府市教育委員会)   
15:40~16:20 「善光寺と門前の風景」    宿野 隆史 (長野市教育委員会)   
16:20~17:00 「中世大隅正八幡宮をとりまく空間構造」    重久 淳一 (霧島市教育委員会)   
18:00~ 懇親会 「ホテル古柏園」  参加費5,500円   
         
7月3日(日)         
 9:20 開会・諸連絡      
  Ⅱ 人とモノの動きから描く      
 9:30~10:10 「湊からみた中世都市・見付」    木村 弘之 (磐田市教育委員会)   
10:10~10:50 「武蔵府中と鎌倉街道上道」    深澤 靖幸 (府中市郷土の森博物館)   
10:50~11:30 「宿と渡の歴史的空間」    榎原 雅治 (東京大学史料編纂所)   
12:40~13:00 問題提起 「一遍にとっての鎌倉」    高橋 慎一朗 (東京大学史料編纂所 )   
13:00~15:00 討   論   司  会: 鋤柄 俊夫  高橋 慎一朗   
15:00 閉   会      
         
  申し込み方法      
         
※ 参加希望者は、懇親会のご出欠を含めて帝京大学山梨文化財研究所へはがき・FAX・E-mailで         
      6月28日(火)までにお申し込み下さい。         
  帝京大学 山梨文化財研究所【萩原・畑・林】      
  〒 406-0032 山梨県笛吹市石和町四日市場1566      
  TEL 055-263-6441  FAX 055-261-0462      
      E-mail aae29890@pop21.odn.ne.jp      
         
  石和町内宿泊施設案内      
         
※ 宿泊は、各自で下記のホテル等にお申し込み下さい。なお、空室状況や料金などは、各ホテル       
に確認して下さい。講師の先生方および事務局は、「スパランド ホテル内藤」に宿泊予定です。       
         
    No.1「スパランド ホテル内藤」TEL 055-262-7001  \6,500~             研究所から徒歩 4分
    No.2「ホテル古柏園」TEL 055-262-5890 \16,800~(一泊二食付)                 研究所から徒歩20分
   No.3「ルートイン甲府石和」TEL 055-262-1011  \6,500~               研究所から徒歩15分

|

« 御霊神社の稚児行列 | トップページ | 大原野神社 »